ブログ

Blog

風疹追加的対策事業(第5期定期接種)と横浜市風しん対策事業

 

”風疹追加的対策事業(第5期定期接種)”横浜市風しん対策事業”

 

少しわかりにくいのです。

 

まず、風疹(rubella)は、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性発疹症です。

症状は不顕性感染から、重篤な合併症併発まで幅広く、臨床症状のみで風疹と診断することは困難な疾患とされます。(国立感染症研究所ホームページより一部抜粋)

 

妊娠初期の妊婦が風疹ウイルスに感染すると、出生児が先天性風疹症候群を発症する可能性があります。先天性風疹症候群の症状は先生性心疾患、難聴、白内障、色素性網膜症などがあります。

(ちなみに当院に置いてあるコウノドリ第4巻にも先天性風疹症候群について書かれています。)

妊娠してから免疫がないことがわかっても風しんワクチンを接種することはできません。

 

前もって男女ともがワクチンを接種することで、風疹の流行を抑制することが大切です。

 

 

さて、風疹追加的対策事業(第5期定期接種)ですが、

 

対象1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性です

 

期間 令和元年6月下旬から令和4年3月31日

 

内容 抗体検査をおこない、抗体がない人に麻しん風しん混合(MR)ワクチンの予防接種をおこないます。

 

 

具体的な流れとしては

①  横浜市からクーポン券が送付されます。

②  採血による抗体検査をします。 (クーポン券、抗体検査受診票、本人確認書類を持参してください)

③  抗体の結果判定

④  抗体がない方は麻しん風しん(MR)ワクチンの接種

 

となります。

当院は風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関となっています。

抗体検査に関しては基本的に予約なしで即日対応可能ですが、麻しん風しん(MR)ワクチンの接種に関しては、在庫確認が必要となりますので、受付にご確認ください。

 

少しわかりにくいですが、上記の風疹追加的対策事業(第5期定期接種)とは別に横浜市風しん対策事業があります。

 

横浜市風しん対策事業では、

 

横浜市風しん対策事業を利用したことがない19歳以上の横浜市民で

  • 妊娠を希望されている女性(妊娠中は接種できません)
  • 妊娠を希望されている女性のパートナー
  • 妊婦のパートナー

※麻しん風しん混合(MR)ワクチン又は風しん単独ワクチンの接種歴が2回以上ある方は対象になりません。

上記の人を対象

 

内容 麻しん風しん(MR)ワクチンの接種 1回3300円(税込)

   風しん抗体検査 無料

 

を実施しています。

 

 

両制度を利用できる場合には、どちらを優先するなどはありませんが、風疹追加的対策事業(第5期定期接種)のほうが補償が手厚く、予防接種費用が無料でよいかもしれません。

 

 

詳しくは横浜市ホームページをご参照ください。

pagetop