ブログ

Blog

花粉症 アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)は6月ー11月開始です

日本人の約4人に1人がスギ花粉症ともいわれています。

スギ花粉症はスギ花粉が原因(アレルゲン)となっておこるアレルギー疾患です。

主にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状を伴い、その症状によって日常生活のさまざまな場面で影響を及ぼすことがわかっています。

治療はスギ花粉飛散時期に症状をやわらげる治療である対症療法と、からだをアレルゲンに慣らして、症状を和らげたり、根本的な体質改善が期待できるアレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)があります。

実はアレルゲン免疫療法は、スギ花粉が飛んでいる時期は、治療を新たに開始することができません。

アレルゲンに対する体の反応が過敏になっているためです。

スギ花粉症の方にとって今は、花粉の時期が終わってホッとする時期かもしれませんが、根本的な体質改善を目指したい方や症状の緩和を期待したい方は、舌下免疫療法を開始するタイミングを逃さないようにしてください。おおよそ、6月から11月頃までに開始することが望ましいです。

舌下免疫療法は、自宅で服用でき、保険適用の治療法です。

当院でもおこなえます。

詳しくはこちらのサイトがとてもわかりやすくおすすめです。

→アレルゲン免疫療法ナビ

pagetop