内科

Medical

一般内科Medical

腹痛、咳、発熱、頭痛、インフルエンザ、肺炎、糖尿病、生活習慣関連(高血圧、高脂血症、肥満等)、高尿酸血症、花粉症、貧血、喘息、肺気腫、不整脈、動脈硬化、不眠症など内科一般の診察を行います。

風邪

鼻や喉に感染がおこり炎症を起こします。症状は、咳、鼻水、鼻づまり、軽いのどの痛みや発熱等で原因の9割以上がウイルスによるものです。
また、しっかり治さないとその後、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、治ったと思って無理をせず、しっかり完治するまで来院されることをおすすめします。熱を含めた症状の経過をしっかり観察することが大切です。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。風邪よりも急激に発症し、症状が重いことが特徴です。

健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎などの合併症を発症しやすく、重症化すると脳炎や心不全になる場合もあります。インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。二次感染、合併症の予防のために、できるだけ早く受診することが大切です。

高血圧

血圧が高い状態が続く事で血管の壁に圧力が掛り、その結果、血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。
高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

脂質異常症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。
これらの余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。
高脂血症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足、遺伝などが考えられます。

糖尿病

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。
人体は、たくさんの細胞から成り立っていますが、この細胞が働く為のエネルギー源がブドウ糖です。
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしています。しかし、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまうのです。
血糖が高いということは、体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、そのため全身の細胞の働きが悪くなります。のどが渇く、尿が多い、傷が治りにくい、感染症にかかりやすい、疲れやすい、集中できないなどの症状が表れます。

高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症(痛風)

近年、食生活の欧米化や生活習慣の変化で高尿酸血症・痛風のかたが日本でも増加しています。
高尿酸血症の定義は血清尿酸値が7.0 mg/dlを超えるものと定義されています。
高尿酸血症の状態が続くと、関節内に尿酸の結晶が生じるため関節炎を起こします。
ある日、足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて強く痛みます。これを痛風発作といいます。足の親指の付け根以外にも、他の関節に発作が起こることもあります。
尿酸値が高いと“ビールの飲みすぎだ”とか“おいしいものを食べすぎだ”と言う人がいます。実際、そのような食生活を含めた環境が要因のこともありますが、遺伝的要因が関わっていることもあります。
また、尿酸値が高いと痛風になるということはよく知られていることですが、高尿酸血症を放置していると、尿路結石や腎障害、心血管障害や脳血管障害のリスクとなることも示されています。
健康診断で高尿酸血症と診断されても、痛風発作がないからと安心しないで、しっかりと尿酸値をコントロールすることが必要です。

痛風発作

治療としては、コルヒチン、NSAID(鎮痛剤)、副腎皮質ステロイドを使用します。

前兆期:コルヒチン内服
極期:NSAIDを短期間内服します。NSAIDは胃粘膜障害、腎障害に注意する必要があります。NSAIDが使用できない場合や無効である場合副腎皮質ステロイドを考慮します。

発作中は、できるだけ安静にして疼痛部位を冷却します。
尿酸を下げる薬を内服している場合、尿酸の変動により発作が増悪することがあるため、原則、薬は中止しないようにします。
いずれにしても痛風発作を起こした場合には、血清尿酸値を6.0mg/dl以下に維持することで痛風結節の縮小、消失が認められ、再発を防止できると報告されています。

高尿酸血症 生活習慣の改善

高尿酸血症の治療は生活習慣の改善を基本としますが、痛風発作を繰り返すかたや他の合併症(腎障害、尿路結石、高血圧、虚血性心疾患、糖尿病、メタボリックシンドロームなど)を有する場合には薬物治療を考慮します。

具体的な生活習慣の改善
  • アルコール飲料やプリン体、果糖、ショ糖やカロリーの摂取をさけましょう。
  • 尿路結石の予防するため、水分を十分に取るようにしましょう。
  • 適度な運動をしましょう。
  • 肥満の解消するためカロリーをおさえましょう。肥満によってより多くの尿酸が産生されます。

不眠症

睡眠は個人差が大きく、少ない時間でも平気な人もいますし、7時間以上眠っても熟睡感が得られない人もいます。
このように長時間寝ていても、本人が不眠を自覚する場合は不眠症と判断されます。
不眠症には、「寝付きが悪い(入眠障害)」、「寝た気がしない(熟眠障害)」、「朝早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)」、「ちょくちょく目が覚める(中途覚醒)」などがあります。
不眠の原因を調べ、その治療を行うことでほとんどの症状を軽快させることができます。
睡眠は大切なものですので、お悩みの方はご相談ください。

成人予防接種

各種予防接種を行っております。乳幼児から大人まで接種できますのでお電話にてお問い合わせください。

接種可能なワクチン
  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • インフルエンザ
  • 肺炎球菌
  • 麻疹
  • 風疹
  • MRワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • DPTワクチン
  • ヒブワクチン など
予防接種を受けられない方、注意が必要な方
  • 発熱(37.5℃以上)ある方
  • 重篤な急性疾患を引き起こしている方
  • ワクチンに含まれる成分(卵や抗生物質、安定剤など)のアレルギーがある方
  • 風疹、麻疹の予防接種を受ける予定で妊娠している方
  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気などで治療を受けている方
  • 未熟児で生まれ、発育状態の悪い方
  • 予防接種後2日以内に発熱や発疹、蕁麻疹などアレルギー症状がみられた方
  • 今までにけいれんを起こしたことがある方
  • 過去に免疫不全の診断がなされている方、また近親者に先天性免疫不全の方がいる方
予防接種の料金表
  種別 接種回数 初回 1週 2週 3週 4週 5週 6週 7週 6ヶ月 12ヶ月 料金
A型肝炎 不活化 3   2回目       3回目   8,000
B型肝炎 不活化 3       2回目       3回目   8,000
肺炎球菌 不活化 1                   8,500
風疹 1                   7,000
麻疹 1                   7,000
MR(麻疹風疹) 1                   8,500
流行性耳下腺炎 1                   6,000
水痘 1                   10,000
インフルエンザ 不活化 1                   3,800
破傷風 不活化 3     2回目       3回目 4,000
pagetop