大腸カメラ(下部内視鏡検査)

Medical

下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)Medical

近年、食生活の欧米化により、日本人にも大腸がんが急増しています。大腸がんの早期には症状の無い場合が多く、発見が遅れる場合が少なくありません。大腸がんについては、早期発見(大腸がんになる前のポリープのうちに切除すること)により、大腸がんによって命を落とす可能性をゼロに近づけることが可能です。
大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を入れて大腸内を直接観察する検査です。おしりから大腸の最深部(盲腸)まで内視鏡を進め、抜きながら大腸の表面粘膜を観察します。この内視鏡の先端には、小型の高感度電子カメラが取り付けられており、さまざまな大腸の病気の発見に役立ちます。

大腸内視鏡検査でわかる疾患Medical

大腸がん、大腸ポリープ、炎症性疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などの病気を見つけ、診断するのに非常に有効です。また組織の一部を採取したり、病変を切除したりも出来ます。

大腸内視鏡検査の流れMedical

検査前

まずは診察にお越しください。
現在の症状やこれまでの病歴などを伺います。(人間ドックや健診で引っかかった方は、検査結果一式をお持ちください)。続いて、必要に応じて腹部の触診などの診察を行います。
検査が決まったら、患者さんのご都合を聞きながら検査日程を決定し、ご予約をお取りし、検査についての詳しい説明を行います。また、内視鏡検査に必要な血液検査を行います。

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果一式

大腸内視鏡検査前日の準備

  • 検査食(1500円前後)を購入していただきます。
  • 夕食は20時までに終えてください。
  • 食事は検査が終わるまで摂れません。(水、お茶は大丈夫です)
  • 22時に下剤(ピコスルファート:ラキソベロン)を服用してください。

大腸内視鏡検査当日

  • 普段、薬を服用中の方は、朝6時までに薬を内服してください
  • 特に高血圧薬は忘れずに内服するようにしてください。
  • 糖尿病薬は食事を摂らないため中止してください。
  • 検査4時間前にガスコン4錠を内服したのち、腸洗浄液を内服を開始してください。

※鎮静剤をご希望の方は当日、自動車・バイク・自転車などの運転はできません。

1.受付

同意書、診察券、保険証、をご持参ください。

2.更衣室

ロッカーに貴重品などをお預けください。

3.中待合室

プライバシーに配慮した半個室をご用意しております。テレビもあります。

4.問 診

内視鏡検査を行う事前チェックとして問診を行いますので、質問にお答えください

5.

点滴のチューブを腕の血管にいれます。

6.検査開始

鎮静剤を投与し、肛門から内視鏡を挿入し、腸の内部を観察します。
必要であれば、生検やポリープ切除をおこないます。

7.検査終了

リカバリールームでお休みいただきます。

8.検査後の注意事項の説明

検査画像をご覧いただきながら、結果を説明します。
結果次第で今後の検査、治療の相談をします。

検査料金のご案内

  1割負担 3割負担
上部内視鏡 
鎮痛剤使用
2,000円前後 5,000円前後
上部内視鏡 
鎮痛剤使用なし
1,500円前後 4,000円前後
経鼻内視鏡
  +生検
1,500円前後
 +1,000円前後
4,500円前後
 +5,000円前後
大腸内視鏡 
鎮痛剤使用
2,500円前後 6,500円前後
大腸内視鏡 
鎮痛剤使用なし
2,000円前後 5,500円前後
大腸ポリープ切除(1ヶ所) 7,000円前後 20,000円前後
大腸ポリープ切除(2ヶ所) 8,000円前後 24,000円前後
大腸ポリープ切除(3ヶ所) 9,000円前後 27,000円前後
ピロリ菌関連
 尿素呼気試験 500円前後 1,500円前後
 血清ピロリ抗体
 便中ピロリ抗原
250円前後
300円前後
750円前後
900円前後
     
腹部超音波 500円前後 1,600円前後

※費用はあくまでも概算です
※内視鏡検査前の診察代や血液検査代は含まれていません
※内視鏡検査は使用する薬剤の種類によって費用が前後します

pagetop