ブログ

Blog

インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチン

インフルエンザについて 疫学
わが国のインフルエンザの発生は、毎年11月下旬から12月上旬頃に始まり、翌年の1~3月頃に患者数が増加し、4~5月にかけて減少していくパターンを示します。(引用:国立感染症研究所感染症情報センター webより)
→インフルエンザワクチンの効果が5か月くらいということを考えると、接種は12月上旬までにおこなうのが望ましいと考えられます。予防の...
pagetop