ブログ

Blog

ピロリ菌について ~除菌の副作用は?~

 

除菌治療に伴う主な副作用としては、下痢・軟便10-30%)、味覚異常5-15%)、皮疹2-5%)があります。

便が少しゆるくなる程度であれば、慎重に薬の服用の継続は可能と考えられますが、下痢がひどい場合や血便、皮疹を認めた場合にはすぐに病院を受診するようにしてください。

 

除菌治療をはじめる前に

ペニシリンアレルギーといわれたことがある方は必ず申し出るようにしてください。

 

Q. ピロリ菌の再感染はありますか?

除菌成功後の再感染率はまれ(0-2%)です。

ただし、胃がんの早期発見のためには定期的な内視鏡検査が必須です。

除菌によって胃がんの予防効果は示されていますが、完全にゼロになるわけではありません。

→ピロリ菌について ~最近よくある質問~

ピロリ菌参考サイト

日本ヘリコバクター学会 H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医一覧

日本消化器病学会 Q&A (医療関係者向けの専門的な内容)

pagetop